会社起業のポイント!第6回~資本金を用いた節税方法

起業にあたり株式会社を設立される方にとって資本金は非常に重要なポイントです。

資本金とは会社設立にあたり、「軍資金」となるもので株式会社を設立する場合は1円以上払い込む必要があります。(以前は最低資本金制度がありましたが、現在では1円以上の払い込みを行えば会社を設立できます。)

では節税のためには資本金はいくらにすればいいのでしょうか。
よく考えられる資本金の額として資本金を1,000万円未満にすることが考えられます。
これは資本金1,000万円未満であれば、売上高が1,000万円以上にならない限り消費税は支払わなくてもいいためです。

つまり資本金が1,000万円以上であれば初年度より消費税を納税する必要があります。
一方資本金が1,000万円未満であれば売上高が1,000万円以上とならない限り消費税を納付する必要がありません。

つまり受け取った消費税をそのまま収入にできるということですね。

ただし資本金は会社の信用力を表します。銀行から融資を受ける場合、得意先との取引を開始する場合、資本金がいくらであるのかは必ずチェックされ、資本金が大きければ大きいということにご留意ください。

Follow me!