会社起業のポイント!第9回~会社設立に必要な費用について

会社を設立するときには何かと費用がかかります。
今回はその費用がいくらなのかを解説します。 

1.資本金について(1円以上~)                                                                       
資本金はいくらでも大丈夫です。ですので1円以上であればいくらでも大丈夫です。

2.定款登録(9万円+250円×定款ページ数)
定款を公証人役場で登録するときは印紙代4万円(電子認証の場合は1万5千円~2万1千円)、手数料5万円が発生します。また定款の謄本の交付を受ける場合(設立登記のためには必ず必要)、定款1ページにつき250円発生します。

3.登記(15万円~  (資本金の1000分の7、もしくは資本金の1000分の7が15万円以下の場合は15万円))
  法務局において登記を行う場合は、登録免許税が発生します。この登録免許税は最低15万円となっています。

4.専門家への依頼料
  専門家に設立関係の業務を代行すれば費用が発生します。当該費用の相場は約30万円となっています。
  なお、弊社であれば3万円~にてお引き受けいたします

Follow me!