消費税の基本!第10回~控除対象となる仕入の消費税額の計算

控除対象となる仕入の消費税額の算定は複数のパターンがあります。

(実際の仕入に基づき計算する方式)
① 全額控除方式
② 個別対応方式
③ 一括比例配分方式

(簡便的に計算)
簡易課税方式(みなし仕入率を使用)

①、②、③のどれを使用するかについては
課税売上高、課税売上割合に応じて選択することができます。

課税売上高が5億円以下、かつ課税売上割合が95%以上の場合
⇒全額控除方式(①)、
課税売上高が5億円超、または、課税売上割合が95%未満の場合
⇒個別対応方式もしくは一括比例配分方式のどちらか(②もしくは③)

いかにその関係図を記載します。

消費税の基本第10回 図

Follow me!