意外に簡単!節税の基礎!第6回~飲食費が一人5,000円以内であれば経費にできる!

「飲食費が一人5,000円以内であれば経費」というような話を聞いたことはありますか?

その通り、一人当たり5,000円以内であれば経費、すなわち税金を減らす費用になるのです。しかも、前回までに述べた交際費とは別に経費にできます。中小企業の限度額600万円や通常の企業に対する制限も気にする必要はありません。

例えば居酒屋でコースを探しても、一人5,000円コースとなると、それなりの飲食が期待できます。これを知っているだけでも得した気分になりますね!!

 この便利な費用、やはりいくつか条件があります。
まず、飲食の年月日、参加した相手先の情報、参加した人数、金額、場所などの情報を書類として保存しておかなければなりません。また、得意先等、社外の人を接待した飲食費のみが認められます。一人でも社外の人がいればいいですが、社内の人のみでの飲食費には適用できません。

 上記条件があるものの、必要経費で十分に有効な節税ができそうです。知らなかった方も気にしてみてはいかがでしょうか。

Follow me!