消費税の基本!第12回~商品券の購入とカタログギフトの購入

消費税取引となるか消費税取引とならないかは一定の要件のもと決められています。

そこで商品券が消費税取引になるかというと、なりません。
これは消費税は物品切手等の譲渡としてみなされるためです。

一方カタログギフトを送る場合、消費税取引になるかどうかというと、これは消費税取引になります。これはカタログに掲載されたいずれかの商品を中元・お歳暮の相手方が選択することを前提として対価を支払うものであり、商品の発送やカタログの添付等の種々のサービス込の商品の購入とされるためです。

年末を迎えるにあたって、商品券やカタログなどの取引にはご留意ください。

Follow me!