飲食費用が5,000円未満ならば会議費として落とせる

会社が飲食代として支払った費用は一般に接待交際費という名目としてなじみのあるものだと思います。
この接待交際費は一人当たり5,000円未満であれば会議費として経費で認められるというのは有名です。

ただこの会議費は注意が必要です。
それは要件を満たさなければいけないためです。

  • 一人当たり5,000円以下の飲食であって、下記を帳簿に記載することで初めて認められます。
  • 飲食等の年月日
  • 飲食等に参加の得意先の氏名等とその関係
  • 飲食等の参加者数
  • 飲食費の額並びに飲食店の名称、所在地
  • その他飲食費であることを明らかにするための必要な事項

これを帳簿の摘要欄などに記載することができていれば会議費として経費で落とすことができますので、是非お使いになられてはいかがでしょうか。

Follow me!