会計士として辛いこと

会計士の仕事は以前話をしましたが、会計士の仕事は、企業の内容を調査するものです。

調査される企業はどういう気持ちなのかは言うまでもありません。

やはり調査されるのは嫌なのものです。
そりゃそうですよね。自分の仕事を見られるわけですから。

しかもある程度、公的な立場にこれはダメと言われるわけです。

それだけ責任が重い仕事でもありますし、企業からすると嫌なものなど思います。

そんな気持ちを感じているだけに監査しにいくというのはつらい場合があります。

ただ私が監査をするときに心がけているのは、せっかく報酬を頂いている以上、企業の役に立とうと考えていることです。
役に立つというのは、監査をする過程で効率的にできる業務があったら提案しますし、改善できそうな事象や管理手法があったら積極的に提案します。

まだまだ未熟ですが、私はこういうことをしながら頑張っています。

Follow me!