税務調査において求められること

先日、税務調査に立ち会う機会がありました。

元々のお客様ではなく依頼によって急きょ税務調査に立ち会うことになったのですが、今回の税務調査で一番気にしていたのは、「書類が保管されているかどうか?」ということでした。

ご存知の通り、法人は帳簿の保管義務があります。当たり前ですが、各企業は根拠となる書類に基づき伝票を作成し、決算書を作成するわけです。

ここで仮に帳簿が保管されていない場合はどうなるか?

これは経費として支払った実績がありますといっても認められない可能性があります。

仮に企業側が支払が現実的に発生していたとしてもそれを証明するものはどこにも残っておらず、税務署も経費はわかるけれども、経費がいくらなのかは確認できないと言わざるえません。

結果としてこれにより本来の支払よりも低く支払額を推定されてしまい、経費が本来よりも少なく税金を多額に支払うという結果になりかねません。

みなさん、記帳を行うとき、申告が終わった後は必ず資料を値保管してください。

Follow me!