消費税の軽減税率制度の導入

消費税の軽減税率制度の導入

消費税の軽減税率が平成29年4月1日から導入されます(導入は消費税率の引き上げと同時)。熊本で起きた地震の影響によりまだ消費税の導入が決定されていませんが、取り急ぎ軽減税率制度の概要を抑えておきましょう。

①軽減税率は何パーセント?

軽減税率は8%になります。
原則は10%、軽減税率が8%です。

②対象品目は?

軽減税率の対象は

  • 酒類・外食を除く飲食料品
  • 週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

③経理上の管理

対象品目の売上・仕入がある事業者の方は、これまでの記載事項に税率ごとの区分を追加した請求書等の発行や記帳などの経理(区分経理)を行ってもらう必要があります。
また請求書は必ず保存しておく必要があります。

④税額の計算

売上及び仕入を税率ごとに区分して税額計算を行う必要があります。
区分経理が困難な事業者の方には、経過措置として売上に係る税額(売上税額)または仕入れにかかる税額(仕入税額)の計算の特例があります。

参考:消費税の軽減税率制度について(国税庁HP)

Follow me!