第25回 生きた畜産物は、軽減税率の適用対象となりますか?

当社は畜産業として肉用牛を販売していますが、生きた畜産物(例えば、生きている牛の販売)は、軽減税率の適用対象となりますか。

「食品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいますが、
肉用牛、食用豚等の生きた家畜は、その販売の時点において、人の飲用又は食用に供されるものではないため、「食品」に該当しません。

このためその販売は軽減税率の適用対象となりません。

Follow me!

第25回 生きた畜産物は、軽減税率の適用対象となりますか?” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。