2013.08.28

改正消費税講座 第27回 消費税アップの伴う資金リスクと税務リスク

消費税がアップすると損した気持ちになりますが、本当にそうでしょうか。 結論から言うと、短期的な資金は足りなくなるものの、長い目で見れば資金的にも税務的にもリスクは生じません。 これはそもそも納付すべき消費税の計算は 受け … “改正消費税講座 第27回 消費税アップの伴う資金リスクと税務リスク” の続きを読む

2013.08.26

IT、請負企業向けの税金上の留意点!第8回~未成工事支出金仕入控除時期

未成工事支出金 工事原価に算入される材料費や外注費、経費については、工事の完成時期に関係なく、課税仕入れを行ったときに仕入税額控除の対象となります。 ですので仮に完成しておらず、未成工事支出金に計上している場合であっても … “IT、請負企業向けの税金上の留意点!第8回~未成工事支出金仕入控除時期” の続きを読む

2013.08.21

改正消費税講座 第26回 とりあえず契約することはOK?

経過措置の適用に当たり9月30日までに契約を締結していることが要件とされており、前回では9月30日までに何らかの合意があればいいということを申し上げました。 それではとりあえず9月30日までに先方と取引について合意するこ … “改正消費税講座 第26回 とりあえず契約することはOK?” の続きを読む

2013.08.19

意外と簡単!節税の基礎!第10回 発生主義って何ですか??

収益・費用の計上方法として、「発生主義」という考え方があります。会社は、発生主義による処理が求められており、これを知っていることでできる節税もあり、逆にこれを知らないと税金が増えてしまうこともあります。今回は、まず「発生 … “意外と簡単!節税の基礎!第10回 発生主義って何ですか??” の続きを読む

2013.08.19

IT、請負企業向けの税金上の留意点!第7回~外注先に対する支払条件と消費税計算の関係は?

納付すべき消費税の計算は受領した消費税から支払った消費税を控除して算出します。 外注先に対する消費税は【課税仕入れに関連する消費税額】となりますので、外注先に支払った消費税は納付すべき消費税から控除されることになります。 … “IT、請負企業向けの税金上の留意点!第7回~外注先に対する支払条件と消費税計算の関係は?” の続きを読む

2013.08.12

IT、請負企業向けの税金上の留意点!第6回~請負であることの立証

所得税個別通達や実施解説書などによると雇用契約か請負契約かの判断にあたっては、材料や作業用具の提供の有無などが判断基準となります。 たとえば材料代ですが、下請け業者が自ら調圧するよりも元請け業者が調達し、下請け業者に支給 … “IT、請負企業向けの税金上の留意点!第6回~請負であることの立証” の続きを読む

2013.08.09

意外と簡単!節税の基礎!第9回 「出張手当」を使っていますか??

従業員が出張した際に出る「出張手当」、実は会社にとっても従業員にとっても嬉しい取扱いがあります。出張手当には、会社は法人税と消費税の二つで節税効果がある、従業員も所得税が増えない、という効果があります。嬉しい話ですね。営 … “意外と簡単!節税の基礎!第9回 「出張手当」を使っていますか??” の続きを読む

2013.08.07

改正消費税講座 第24回 カルテルの緩和

 消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法(以下、「転嫁対策特別措置法」といいます。)では中小企業が価格転嫁すること(転嫁カルテル)や、表示方法を統一すること(表示カル … “改正消費税講座 第24回 カルテルの緩和” の続きを読む

2013.08.05

IT、請負企業向けの税金上の留意点!第5回~請負契約か雇用契約に該当するか、労災保険への加入の観点から

請負契約か雇用契約か。このどちらかにあてはまることで消費税が適用されるかどうかが決まります。 つまり請負契約であれば消費税課税取引となり、雇用契約となれば消費税が課税されない取引となるわけです。 この請負契約か雇用契約課 … “IT、請負企業向けの税金上の留意点!第5回~請負契約か雇用契約に該当するか、労災保険への加入の観点から” の続きを読む