2016.09.28

第26回 食用の魚の販売と熱帯魚の魚販売について

生きた魚を販売している場合でも、食用品とそうでない魚によって扱いが異なってきます。 つまり、軽減税率は人の飲用又は食用に供されるものをいいますので、食べるための魚の販売は「食品」に該当し、その販売は軽減税率の適用対象とな … “第26回 食用の魚の販売と熱帯魚の魚販売について” の続きを読む

2016.09.26

第25回 生きた畜産物は、軽減税率の適用対象となりますか?

当社は畜産業として肉用牛を販売していますが、生きた畜産物(例えば、生きている牛の販売)は、軽減税率の適用対象となりますか。 「食品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいますが、 肉用牛、食用豚等の生きた家畜は、その … “第25回 生きた畜産物は、軽減税率の適用対象となりますか?” の続きを読む

2016.09.05

第23回 小売業又は卸売業において、売上税額の計算の特例として「軽減売上割合の特例」を適 用する場合、仕入税額の計算の特例として「小売等軽減売上割合の特例」を適用すること はできるか?

売業又は卸売業において、「軽減売上割合の特例」を適用し、売上税額を計算する場合であっても、「小売等軽減売上割合の特例」を適用して仕入税額を計算することができます。 ただし、売上税額の計算の特例として、「軽減売上割合の特例 … “第23回 小売業又は卸売業において、売上税額の計算の特例として「軽減売上割合の特例」を適 用する場合、仕入税額の計算の特例として「小売等軽減売上割合の特例」を適用すること はできるか?” の続きを読む

2016.09.02

第22回 簡易課税制度を適用している場合に適用できる売上税額の計算の特例の概要について

簡易課税を適用している場合、特例を使うことができます。 それが「軽減売上割合」を用いて軽減対象資産の課税売上げ(税込み)を計算するという「軽減売上割合の特例」です(改正法附則 38①、41①) 。 なお、「軽減売上割合」 … “第22回 簡易課税制度を適用している場合に適用できる売上税額の計算の特例の概要について” の続きを読む